日本国内において、人体パーツを使った占いといえば『手相』が主流です。しかし海外諸国では『人相』を使った占いが主流で、とても当たると好評です。熱心な人は、人相占いの結果をもとに整形手術を行うとも、まことしやかに噂されます。

 人相占いは、顔を三分割にして、それぞれのパーツから性質と運勢を読み解きます。顔の上部は“上停”、中部は“中停”、下部は“下停”と呼ばれ、上から幼年期・青年期・晩年期の運勢を表しています。

 人相占いに活用されるパーツは、主に『額』『目』『鼻』の三パーツです。

 額は、その人の生まれをはっきりと表すパーツです。長兄・長女の額は左右に広がった形であることが殆どで、丸い形は三男四男といった下の兄弟に多くみられます。

 目は、三パーツの中でも特に重要視されます。目の上がり・下がりはもちろん、眼光や白目の色からも様々なことが読み解けます。なお

 鼻は、寿命と性格を表すパーツです。寿命は、鼻の長さに比例します。長ければ長寿で、短ければ短命です。性格は、鼻の高さに比例します。高ければ高いほどプライドも高く、融通が利かない性格とされます。

 なお、上記は日本やアジア諸国における人相占いに限り、西洋では頭部全体の輪郭(丸顔、逆三角形顔、四角顔)もしくは額の形状から性質と運勢を読み解きます。

 人相占いを依頼する際は、どちらの形式(アジア式・西洋式)なのかを確認しておくと良いでしょう。鑑定結果に大きな差は出ませんが、鑑定結果が出るまでの過程を楽しむことも占いの醍醐味だからです。