TV番組などで芸能人が占いをしてもらう場合、多くの確率で手相占いが選ばれます。
なぜかというと、手相の線を実際に見ながら占い師が占いの結果を伝えるため、客観的で分かりやすいためです。
例えばこれが、水晶占いであれば、水晶を見ながら占います。
ですが、素人には水晶に何が映っているのか全く理解出来ません。
なので、本当に当たるのか?デタラメを言っているのでは?そんなふうに素直に信じられない人も少なくありません。

手相であれば、目の前に手相があり、過去にその手相を持った多くの人が成功している。
そんな統計的な実績がある訳です。手相は時代や国によっては学問として扱われてきたという過去もあります。
そのため手相占いなら信じる事が出来るという人が多く、TV受けがよいためTVで占いと言えば手相占いが選ばれるわけです。

そして手相占いの特徴としては、短期的な事を占う訳ではありません。
人生の岐路に立った時など、長期的なスパンで占いをします。
例えば明日どのような事が起こるのか、それは手相占いで占う事は難しいと言えます。
ですが、手相を見ながら、こんな人生を送る事になるだろうと予測する事は可能です。

それは手相とはゆっくり時間をかけて変化していくものだからです。
手相は変化すると言っても、短時間で手相が全く別物になるなんて事はありません。
毎日手相を見ていても、本人でも気づかないぐらいわずかなスピードで変化していきます。

分かりやすい例では、手相とは手のシワのようなものです。
顔は数年前とは確実に変わっていても、毎日見ていて、この瞬間に変わったとは気づきませんよね。
数年前の写真と現在の写真を見比べる事で、その変化を実感出来るわけです。
手相も数年単位で変化していくため、将来は固定されていないけれど、変えるためには自分が今どのように生きているかが重要だと言えるでしょう。