結婚線でも子宝について占う事が出来ますが、もっと明確に占う方法が子宝線を見る事です。
子宝線によって、何歳頃に出産するのか、そして何人ぐらい出産するのか知る事が出来ます。
例えば仕事をいている人は特に、計画的に出産したいと思っている人も多いでしょう。
また専業主婦でも子供を作るタイミングって難しいと思いませんか?

新婚時代はしばらくは2人の生活を楽しみたいと思っているかもしれません。
ですが2人の生活が長すぎて、いざ子供を作ろうと思ったらなかなか妊娠せずに不妊治療が必要になるかもしれません。
そうなってくると、今度は出産までのタイムリミットに間に合うのかどうかも非常に重要なポイントとなってきます。

そのためどのタイミングで出産をするのがベストのタイミングなのか、占いで分かれば背中を押してもらえる気持ちになるのではないでしょうか?_

そして無事に子供が生まれても、子供は健康で元気に育ってくれるのかどうか気になりますよね。
子宝線を見る時は、子宝線以外にも一緒に生命線も見て下さい。
お母さんである女性自身が健康でなければ、健康な赤ちゃんを出産する事は難しいからです。
そして子宝線には感情線も関係していると言われています。

つまり一箇所だけの手相で判断するよりも、もっと総合的に判断した方が的中率がアップすると言えるでしょう。
ただ、子供が欲しいのに子宝線が全く存在しない。
そんな時は大きく落ち込んでしまうかもしれません。
ですが、だからこそ妊活をきちんと行って下さい。
妊活とは妊娠しやすい身体になるように、生活習慣を改善する事です。
冷え性だと妊娠しにくいため、冷え性を改善するなど、いろいろな妊活の方法があります。
そうやって努力していたら、手相は日々変化するため、子宝線が現れる可能性も十分にあるからです。
占いはあくまで現時点での予想にすぎません。運命は自分で切り開く事が出来るという気持ちを持つ事が大切です。