手相占いに詳しくないという人でも、誰もが知ってる最もメジャーな線が生命線です。
生命線とは親指と人差し指の間から手首に向かって伸びる線の事です。
この生命線が力強く、太く長く伸びていたら、健康で長生きしそうなイメージですよね。

そして逆に薄く短かったら、自分は短命で生涯を終える事になるのか?
そんなふうに心配をする人もいるかもしれません。
ですが当然ですが、寿命とは生命線を元に決まる訳ではありません。
むしろ生活習慣によって寿命は決まると言えるでしょう。

例えば生命線が力強く長いから、自分は健康で長生きをする。
そんなふうに確信を持ち、不規則な生活で暴飲暴食を繰り返していたとしましょう。
そんな生活を何年も続けていたら、身体に大きな負担がかかり、病気になって短命で死ぬ可能は十分にあります。

そして逆に生命線が薄くて短くて短命なのでは?
そう不安になり、健康的な生活を心掛けた結果、平均寿命よりも長く健康的に生きる事が出来る場合もあるわけです。
なので、結局のところ生命線よりも生活習慣によって寿命が決まると言えます。

では生命線なんて占う意味がないのでは?
そう思う人もいるかもしれません。
ですがそんな事はありません。
生命線が薄くて弱い人は、それを他の線でカバーする事で健康で長生きする事は十分に可能です。
しかし、生活習慣を心掛けるなどのカバーしなければ、本当に短命で終わってしまう可能性だってあるわけです。
それは生命線を見て注意した結果だとすれば、手相占いをする事に意味があると言えるでしょう。

また生活習慣に気遣って健康的な身体であっても、病気ではなく不慮の事故で命を落としてしまうかもしれません。
そんな人は生命線が途中で切れている可能性があります。
ですがリスクがある事を知り、注意をして生活すれば事故を避ける事は可能かもしれません。
つまり手相を見る事で、心構えが出来て、いい方向に転換するきっかけに活用して下さい。