手相占いは長い歴史があります。
そしてその歴史の中では、男性を占う場合は右手を、女性を占う場合は左手を鑑定するのが主流な時代もありました。
ですが、男性と女性で占い方が異なるのは性差別だという考え方が出てきた事と、手相には性差があるわけではなく、また占いをする上で片手だけ見るよりも、左右両方の手を見た方が占いの的中率がアップする事が分かってきたため、現在はほとんどの占い師は両手を見て占いをするのが一般的となっています。

そもそも手相は左右で異なる手相をしていると知っていますか?
なんとなく手相は左右で一対だったり、線対称になっているのかと思われがちですが、右手にあって左手にはないという線がある事は珍しくありません、むしろ両方の手に同じ線がある事の方が珍しいのです。
そして左右の両方にある手相はそれだけ、その線の威力が強い事を意味していると言われています。

ですが手相は左右の両方を見ると言っても、左右で見るポイントが異なります。
どちらが優先されるという意味ではなく、人によって右手が効き手な人もいれば左手が利き手の人もいますよね。
そして効き手の方が優先的に見られる傾向が強いと言えます。

ちなみに効き手の事をアクティブ・ハンドと呼び、効き手で占い内容は、普段の行動や感情、健康状態などを占います。
そして効き手ではない事をパッシヴ・ハンドと呼び本能的な欲求や内に秘めた願望、その人の気質や意図などを占うと言われています。

このように占う意味が違っているからこそ、手相占いの際に片手しか見ない占い師がいれば、その占い師は本当に当たる占い師なのか警戒した方がいいと言えます。

占い師になるためには特別な資格や条件が存在する訳ではありません。
中には口が上手いだけで、占う能力がないのに適当な事を言うだけの占い師も存在しています。
占いによって人生が大きく変わったという人も存在しているわけです。
だからこそ、正しい結果を得るためには、当たる占い師に占ってもらう事こそが重要だと言えるでしょう。