手相とは線ばかりで、どれがどれなのか判断しづらい。
そんなふうに初心者の人は思うかもしれません。
ですがそんな初心者でも見つけやすい線が「ソロモン線」と呼ばれる線です。
この線は人差し指の付け根の部分にある緩やかな曲線でリングのような形をしています。

線ではなく楕円形のような形で特徴的なので他の線と見分けがつきやすいと言えるのではないでしょうか?
しかしソロモン線は誰にでもある線ではありません。

なぜなら成功者の証とも言える線だからです。
この線がある人は人望があり、リーダーとしての素質が十分な人です。
自然と周囲に人が集まり、慕われる事で社会的な成功をおさめる傾向が高いといえるでしょう。

そして性格的には人望がありますが、その分向上心や独立心、プライドも高いのが特徴です。
もしあなたがビジネスの世界で成功したいと思っているのであれば、自分にその素質があるのかソロモン線の有無を確認してみましょう。
またもしあなたが結婚を考えている男性がいるのであれば、相手の男性にソロモン線があれば将来有望株な男性だと言えるのではないでしょうか?

ですがソロモン線はあくまでも目安に過ぎません。
ソロモン線がない人が将来成功しないから、何をやっても無駄という事はありません。
手相は年齢とともに変化していくものです。
もし若い頃に自分の手相にはソロモン線がなかつたとしても、努力し経験を身に着けておけばソロモン線が出て大器晩成の人生をおくる事が出来るかもしれません。人生は必ずしも占い通りにいくわけではないからこそ、占いをする意味があるのだと思いませんか?