世の中にはエム線がある人とエス線がある人が存在しています。
そしてエム線がある人とエス線がある人の相性がいいと言われています。
ではエム線について少し紹介していきます。
エム線とは小指から薬指の間にかけて現れる線の事です。
この線が濃かったり、複数ある場合はドエムという事になります。

エム線がある人の特徴は、自分で考えて行動する事が苦手で、誰かに指示して欲しい、引っ張って欲しいと常に受け身のタイプです。
これは仕事をする上において、周囲ともめ事を起こす事はありませんが、自己主張が出来ない、自分の意見を言えないために、仕事が出来ない人だと思われてしまいます。

上司がエス線がある人であれば、上手に指示を出し能力を引き出してくれるので、仕事でも評価される場合もあります。
または営業事務や秘書、総務などの他の人をサポートする仕事などは向いていると言えるでしょう。

エム線がある人はパートナー選びが重要になります。
相手のために何かしたいと思うので尽くす性格です。
ですがそのためにダメ男に引っかかりやすく、尽くしても報われないケースが多々あります。
他にも尽くすタイプのため、その行為が一般の男性であれば、重たい女だと思われてしまい振られてしまいます。

そのためやはりエス線がある男性と付き合うのが最も望ましいと言えるでしょう。
エス線のある男性であれば、お互いが求める事に対してすっぽりと当てはまりますし、お互いにストレスなく本性を出して付き合える相手となるはずです。
またエム線のある人は、一人ではなかなか生きていくのが大変です。
なので、自分を引っ張ってくれるパートナー的存在の相手が人生において必要だと言えます。

亭主関白な夫と貞淑な妻などはそのタイプに該当するでしょう。
なかなかエスエムに興味がない相手と付き合っても上手くいかず別れてしまう傾向が高いので、付き合う前に相手の手相を見てエス線エム線の有無を確かめてから相手を選ぶ事をおススメします。