もしあなたが危機的状況で、占いに頼るしか術がない。
そんな状況だったとしても、あなたの手相にマスカケ線があれば、なんとかなるかもしれません。
マスカケ線とは、稀に見る強運の持ち主にある手相の事です。

この手相がある人の多くは、強運の持ち主で危機的状況も回避して成功をおさめています。
歴史上の人物で活躍した人にもこのマスカケ線がある人が多かったという記録も残っているようです。
マスカケ線は左手でも右手でもどちらにあっても構いません。
それどころか、両手にマスカケ線がある人は、強運も倍増となるので、最強だと言えるのではないでしょうか?

自分の手相を見て、マスカケ線があればなぁ・・・・そんなふうにガッカリする人もいるかもしれません。
そんな時はおまじないのつもりでマジックで自分の手のひらにマスカケ線を書いてみて下さい。
そんな事をして何か意味があるの?
そう思うかもしれませんが、マジックに手相を書くという行為は、手相を意識するきっかけとなり、本当に書いた手相が出てくる可能性があるわけです。そのため占い師の中には手相を書き足してくれる人もいるぐらいです。

それから気持ちの持ちようという点も占いにはあります。
自分は運が悪いから何をやってもダメだし、努力をしたところで無駄だと思って人生を送っている人の元にチャンスがやってくるでしょうか?もしチャンスが目の前にあっても気づかずに見逃してしまうでしょう。
だからこそそのチャンスを手に入れる事が出来ないのです。

対して自分には運がある、今年は運気がいいから頑張れば結果が出るはずだ。
そんなモチベーションで努力をしていたら、結果が出たり、チャンスを迷わず掴めるなど、人生がいい方向に変わる可能性があります。