私たち人は、どの星のもとに生まれたかで運命と性格が決まります。まったく同じ人は存在しませんが、よくよく紐解くと、根底にあるものは同じであることが分ります。実に、不思議なものです。

 恋愛に関しても、星座は大きな影響を及ぼします。例えば、牡羊座。牡羊座のもとに生まれた人は、自分の“地位”を大切にする傾向が強く、またそのために縄張り意識が強いです。

 縄張り意識は、無意識のうちに人付き合いに影響を及ぼします。交流の際、相手を選ぶ基準は『縄張りに入れても害はない』か『縄張りにいれれば害悪になる』かの二択です。前者に対しては優しく接する一方、後者に対しては突き放す態度を取ります。

 しかし、この影響は時に良い結果をもたらします。牡羊座・・・特にO型の牡羊座はバイタリティが強く、リーダーとして皆を先導し、様々な結果を得ることが出来るでしょう。

 それは、結婚生活も同様です。パートナーと子供たちを率い、常に良い結果を目指して前へと進みます。・・・しかし、それを押し付け(窮屈)だと感じることも、少なくはありません。束縛を嫌う自覚がある人は、パートナーの候補からO型牡羊座の異性を外したほうが賢明でしょう。

 A型の牡羊座も、概ね同じ傾向にあります。しかしO型よりも柔軟で融通が利くため、努力を惜しまなければ良い家庭を築くことが出来るでしょう。

 いずれの血液型にしろ、パートナーとして選択する場合は『聞き上手』になることをおすすめします。縄張り意識、つまるところ我が強い牡羊座ですが、自らの話に耳を傾け、同調してくれる相手はとりわけ大切に扱う傾向があるためです。

 もちろん、こちらが自己主張することも大切です。言いなりにはならず、必要な場面では口を出す・・・そんな関係が理想的です。なかなかに加減が難しいところですが、どうしても一緒になりたい(いたい)牡羊座の異性がいるなら、頑張って加減を習得しましょう。