タロット占いというのは、何枚もカードがあるのですが、カードの絵柄によって意味が違いカードの向きによっても意味が異なります。このカードの意味について知っておかなくてはならないのですが、先に知っておくべきことはタロット占いにおける専門用語についてです。こちらではタロット占いで使われることが多い専門用語についてご紹介をしていきます。まずタロット占いで使われているタロットカード一式のことをデッキといいます。大体のタロットカードの場合は、22枚の大アルカナカードと56枚の小アルカナカードに分かれており、デッキには78枚のタロットカードがあります。そして、スーツと呼ばれる専門用語もあります。このスーツというのは、小アルカナカードに記されているマークを指しています。小アルカナにはトランプのようにコインやワンドなどといったマークが色々あります。これらのマークは地のエレメントや風のエレメント、火のエレメント、水のエレメントに分類されます。次にコートカードといわれるものがあります。このコートカードも小アルカナカードに関する専門用語です。小アルカナに描かれている絵柄をコートカードと呼び、キングやクイーン、ナイト、ペイジの4つに分かれています。なお、タロットカードの種類の中には、ナイトとペイジではなく、プリンスとプリンセスの絵柄が描かれている場合もあります。そして、小アルカナには1~10までの数字があり、この数字のことを数札といいます。