恋愛をしていると、その恋愛がどうなるのか知りたいと占いをする人が増えます。
そして恋愛の事をタロット占いで占った場合に出ると嬉しいカードと嬉しくないカードについて紹介します。

まず嬉しいカードとは「運命の輪」と呼ばれるカードです。
その名称からして、新しい運命的な出会いがありそうないい予感がしますよね。
実際に正位置でこのカードが出た場合は、新しい恋愛のスタート、運命的な出会い、一目惚れ、転機などのいい意味を現しています。

ですが逆位置の場合は、いい意味ではなくなります。
運命の輪が逆位置になると、恋愛運がない、チャンスを逃してしまう、失恋と失敗に終わる恋の予感しかありません。
そのためカード自体の意味がよくても、カードの向きによって意味合いが逆になってしまうため、正位置で現れて欲しいカードだと言えるでしょう。

しかし元々の意味が悪い場合は、逆位置の方がいい意味になるカードが「悪魔のカード」です。
悪魔=悪いイメージしかないと思います。
恋愛において悪魔とはどのようなイメージなのかというと、まず逆位置であっても恋愛が上手くいくという事はありません。
別れる結果に終わるのですが、実はこの別れこそがいい事だと解釈されるのです。

よくダメンズとばかり恋愛してしまう女性っていますよね。
そしてダメな男と付き合えば、当然その女性だって不幸になってしまいます。
だからこそ不幸になる前に、さっさと別れてしまった方が幸せだという訳です。

付き合っている時は、相手がダメな男だって分かっていても、自分の事を愛してくれるし、自分も相手の琴を愛している。
そんなふうに恋愛感情で冷静な判断が出来ません。
ですが別れて距離を置けば、あの時の自分はなんであんなダメな男にハマってしまったんだろうと自分を振り返って反省するはずです。

ちなみに悪魔のカードは正位置であっても幸せな恋愛をする事はありまえん。
浮気をされて嫉妬に狂う、そんな修羅場を体験してしまうかもしれません。
女性は特に浮気をした男性にではなく、浮気相手の女性に対して怒りの矛先が向かいがちです。
しかし本当に怒りを向けなければいけない相手は、どう考えても浮気相手の女性ではなく、浮気をしてしまった男性に対してです。