動物占いが面白いのは、本人や恋人・家族・友達を動物が当てはまることです。改めて鑑定結果をみると「なるほど」と新しい発見ができます。同じく相性も見えてきます。

■動物占いのカテゴリー区分

12種類の可愛らしい動物のキャラで作られているのが動物占い。今はそれがバージョンアップして60種類になっています。面白いのが二つのカテゴリーに区分されていることです。「目的志向型」「状況対応型」です。それぞれに「自分軸」と「相手軸」に分かれています。

「目的志向型」はコツコツと努力をして目的を達成するタイプです。「猿」「虎」「コアラ」「狼」が該当します。自分軸を考えています。勝負事には絶対に勝ちたいと思う特徴が見られます。同じ「目的志向型」でも、相手軸を考えるタイプがあります。これは「羊」と「黒豹」です。人から見られた自分の姿をとっても気にするのです。「人から良く見られたいタイプ」で自意識過剰な面も持っています。合計6種類です。

「状況対応型」の自分軸は「ペガサス」「象」「ライオン」「チータ」です。他人から偉い人だとか、凄い人物だと褒められたい意識が強いです。「状況対応型」の相手軸を中心に考えるのは「子鹿」や「狸」です。周囲の人物から面倒を見られるタイプです。いわゆる「放っておけない人」です。

■動物占いのグループ区分

「地球グループ」「満月グループ」「太陽グループ」「新月グループ」と4つにグループ分けされます。グループの特徴をご紹介しておきましょう。地球グループは、負けず嫌いで他者と争って勝ちたい気持ちが強いです。満月グループは、他人の目をすごく気にして、自分は良い人に見られたい特徴があります。「太陽グループ」は野心家で他者から凄い人物として一目置かれたいみたいです。「新月グループ」は、危なっかしいので他者がサポートしてくれます。こういった視点からも楽しめる動物占い。人気の秘訣はこういったところにもあるかもしれません。