動物占いで分かることは、その人の性格やタイプだけではありません。
自分と相手の動物を占うことによって、その相手との相性も診断することができるのです。
例えば、自分がひつじの場合は、相手は虎や狼だと恋愛の相性が良いと言われています。
ですから、自分と相手の生年月日を入力してみて、相手との相性がどれぐらい良いのか、確かめてみるのもいいかもしれません。
さて、動物占いで診断できる相性は、恋愛に関する相性だけではありません。
仕事での相性であったり、友達関係としての相性、先輩後輩としての相性、趣味仲間としての相性など、色々な相性を占うことができるのです。
ですから、異性だけでなく同性ととの相性に関しても、積極的に診断してみるといいでしょうし、その人との関係を今後どうしていけばいいのか、1つの参考にもなると思います。
また、もし相性があまり良くないと診断されても、そこで落ち込んだりがっかりする必要はありません。
動物占いでの相性診断では、その相手とどう付き合うのがいいのか、どう接することで相性が良くなるのか、そこもしっかりと教えてくれるのです。
したがって、相性の良し悪しよりも、むしろその先の部分が重要だといえるわけです。
その後の接し方次第では、たとえ相性が良くない相手であっても、最高の関係を築くことができるかもしれないのです。
ただ、どちらにしてもそこまで深く捉える必要はありませんし、あくまでも気軽にできる占いですから、もっと気楽に構えて占えばいいかと思います。
どちらの結果になったとしても、ポジティブに捉えればいいかと思います。